2012年11月18日

「老人ホームを飛び出して」

東京国際映画祭で見ました。
中国大陸の映画で、ほとんど老人しか出てきません。
老人ホームにいる老人たちが主人公ですが、みなそれぞれ家族との軋轢を抱えています。
まあ、そうでもなければ老人ホームに入ることはないと思いますからね。
老人たちが天津のテレビ番組(これがまんま仮装大賞です)に出るために練習をしたり、院長をだまして抜け出したり、と笑いあり涙ありの人間ドラマでした。

まず、「桃さんのしあわせ」に出てくる香港の老人ホームとの違いにびっくり。
主人公の部屋は二人部屋でしたが、広い、トイレもきれいそう。
大陸の老人ホームが全部こんなとは思わないけど、やっぱり土地が広いからなぁ。
そして大陸の映画らしく誰も悪い人が出てこないのよね、院長も軋轢がある息子も結局はみんないい人でしたって感じです。このあたりありえませんけどね。

老人たちが一生懸命練習してそして綿密に計画を練って、老人ホームを抜け出して一路おんぼろバスで天津を目指すんですが、途中砂漠があるのよね。ということは老人ホームがあるところってどこなんでしょうか?内モンゴルとかですかねぇ。それか西域のどこかか。私は最初、けっこう大きな都会にあるんじゃないか、って思ってたんですけど、そのあたりどうなんでしょうか。

だけどもやっぱり最後は泣いちゃう、そんな映画でした。特に介護しなきゃいけない親がいる年代の私には身につまされちゃう。
テレビに応募の中心となっていた老人をなぜか夫と思ってる認知症の老女の最後の笑顔にまたまた泣かされてしまいました。
エンドロールに出演している老人役の人たちの本当の年齢が入って紹介されてるところも老人パワーすごいわ、と思ってしまう素敵な老人たちの映画でした。
posted by まぎー at 12:01| 香港 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

恋の紫煙2

東京国際映画祭のもう常連といっていいパンホーチョンの作品。

今回は「恋の紫煙2」
監督が事務所を北京に移転しちゃったからか、舞台は北京がほとんどです。
だけども広東語がさく裂してるし、相変わらずのスラングバリバリで、たぶんこれも前作と同じく三級片なんでしょうかね。

ストーリーはタバコが縁で同棲にまで発展したジーミン(ショーン・ユー)とチョンギウ(ミリアム・ヨン)ですが、すぐに二人は別れてしまいます。そして二人とも北京で仕事をすることになり、再会して再び恋する気持ちになっていくのですが、すでにジーミンには客室乗務員の美人の恋人がいるし、チョンギウもマレー系のお金持ちから求婚されてます。揺れ動く二人の恋はいかに。
もうね、ミリアムが30過ぎの年上の女性の心をすごく上手に出してます。ショーンのことは好きなんだけど、今一つ踏み出せない。そしてショーンもいつまでもガキのような香港人男性をうまく演じてます。今回のショーンはメガネかけててのび太みたいだったけどね。
そして脇役がこれまた素晴らしい。ミリアムの同僚とか最高。こんな友達いるよね〜とか思っちゃうもの。
随所に有名な俳優さんが出てきてますが、その役柄もすごすぎです。
ついついミリアムに感情移入しちゃったけど、最後の最後エンドロールで大爆笑してしまいました。ミリアムはこれ見て泣いてたけどね。いや〜ショーン熱演です。

映画際の常連のパンホーチョン作品ですが、日本公開は皆無。DVD発売もほとんどないですが、やっぱり発売してほしいなぁ。だけどそうするとあのスラングをどう訳すか、これまた問題かも。

poster3

posted by まぎー at 23:23| 香港 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パンのココロ

もう11月ですねぇ。寒くなってきました。
一つしかアップしてなかった東京国際映画祭。
続いては同じく台湾から「パンのココロ」

いや〜これはコテコテの台湾ローカル映画ですね。
映画の舞台も高雄の近くの小さな町ということで台湾語の世界でした。

ストーリーは小さな町のパン屋の跡継ぎ娘のミシェル・チェン(陳妍希)を巡って、パン屋の住込み従業員チェン・ハンディエン(陳漢典)と世界的なパン職人ブレッドの二人の恋のさや当てって感じですかね。
この映画って台湾の南部の雰囲気がわからないと全然面白くないのかもしれません。なんでそこで突然きらびやかな舞台付きのレストラン(というか食堂)がでてくるの?とかなんで神様の被り物がバイク乗ってんの?とか。
冒頭のパン屋のおやじさんがなぜか村の有線放送のDJやってるとことかよくわからんところがありますが、台湾南部のほんわかゆったりした気分がそのままの映画です。
楽しい映画ですが、あんまり後に残るか、と言われるとたぶん何にも残らないかもしれないなぁ。

ちなみにパン屋の従業員演じるチェン・ハンディエンって大泉洋にそっくりです。
我が家では大泉洋といえばヴェトナムバイク縦断なんですけど、本人かと思うぐらい似てましたね。
上映後のティーチインで監督が香港の周星馳みたいな感じの人が台湾にはいないから、ってなことを言ってましたが、チェン・ハンディエンって顔はコメディ顔かもしれないけど、あんまりコメディうまくなさそうなんだよなぁ。彼自身がたぶんコメディ目指してないような感じがします。ちょっとそのあたりが今ひとつ抜けてなかったのかもしれません。

poster2



posted by まぎー at 23:03| 香港 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

「光のふれる」

映画祭最初に見た映画は「光にふれる」

釜山映画祭で賞をもらっている映画だそうです。
それはわかるんだけど、見る前にそのコメントされちゃうと、やっぱりそういう映画なのかな、って身構えちゃうからあんまり最初には言ってほしくなかったです。
映画の内容が悪いわけじゃなくてすっごくよかったんですけどね。

台湾の実在の盲目のピアニストが本人役で登場しています。
彼ともう一人お金がなくてダンサーになる夢をあきらめてる女の子のお話です。
二人が心の葛藤を乗り越えて成長していく、そんなお話かな。
盲目の少年ホアン・ユィシアン(黄裕翔)が田舎から台北の大学で音楽を勉強するためにやってくるところから始まります。
大学の近くの飲み物スタンドで働く女の子チエ(サンドリーナ・ピンナ)と偶然出会って周りの人たちと交流しながら二人とも夢に向かって成長していく様子が描かれています。
この映画の素晴らしいところは二人ともが成長していくところ、そして二人ともがなかなか夢に向かって踏み出せないところを丁寧に描いているところじゃないかな。
普通この手の映画だと盲目の少年が明るい女の子の影響で頑張りました、ってな感じになりがち。
だけど、この映画は二人とも心の中の壁がなかなか取り除けなくて一歩踏み出せないでいて、お互いがその存在で踏み出していくのよね。
そして二人を取り巻く友人やお店の店長、ダンスの先生などなどがこれまたすごくいいです。
女の子の方がオーデションで落ちちゃうのも最後めでたしめでたしじゃなくていいです。
ほんのり幸せな気分にさせてくれるそんな映画でした。

poster1

posted by まぎー at 22:08| 香港 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年も映画祭参戦

先週から一週間東京国際映画祭が開催されましたカチンコ
今年も中華圏の映画を何本か見てきました。

いつもチケットを買うのに一苦労していたのですが、今年はチケットボードになったせいか、スムーズに購入できました。
映画祭に連携している中国映画週間の映画も含めて6本見ることができました。

台湾映画「光のふれる」「パンのココロ」
香港映画「恋の紫煙2」「独身の行方(北京語バージョン)」
中国映画「ファッションの達人」「老人ホームを飛び出して」

今回の映画祭は中華圏の監督さんや俳優さんはほとんど来日しない、という寂しいものでした。
特に監督さんが来てくれると、その映画の意図とかがわかるので楽しみだったんですけどね。
来年は少しは好転してるといいんですけど。
それぞれコメントしていきますね〜
posted by まぎー at 21:44| 香港 ☀| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

久々に登場

先日映画の雑誌のお知らせが来てました。
男優さんしか載ってないacteurという雑誌です。

acteur(アクチュール) 2012年11月号 No.32 [大型本] / キネマ旬報社 (刊)

今が旬の若い男優さんがたっくさん。
もうね、目の保養にすごくよさそうです。
日本の俳優さんばかりが載ってるなかに、たった一人華仔の姿がexclamation×2
たった2ページ。それも写真が1ページで記事が1ページ。
だけど、なかなかに素敵でありました。
いつもは素足に靴なのに、なぜか派手な水玉模様の靴下履いてましたがあせあせ(飛び散る汗)

何で華仔が取り上げられてたか、というと華仔主演、そしてプロデュースの
「桃さんのしあわせ」が明日から公開されるから。
ほんとに大きな事件も何にも起きないアン・ホイ監督の映画ですが、それだからこそ彼らの愛情がひしひしと伝わってくる映画です。

343378view003.jpg

みなさま、渋谷のル・シネマにぜひ足を運んでみてください。
さっそく明日、見に行ってきます〜
posted by まぎー at 00:00| 香港 ☀| Comment(3) | 華仔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

生日快楽!

またまたご無沙汰です。

さて今日9月27日は華仔のお誕生日です。
生日快楽!

ということでお祝いに15日から香港に行ってきました。
ファンクラブの天地のお誕生会が15日にあったので、久々に華仔に会いにね。

RIMG1049-1.jpg

夕方7時ごろ湾仔の会場に華仔友達のIさんと向かいます。
今回は中国風の服装で来てね、とのお知らせだったので、ちょっとだけ中華なカットソーで行きました。
香港の人はたぶん普通にTシャツとかだと思ったので軽めの感じでね。
やっぱりそれほどバリバリ中華風な人はあんまりいないみたいでした。
チャイナドレスの人もいたけどね。
入場チケットと引き換えます〜
今回は席がかなりよさそうな感じだな〜
ということで会場に入って席を見てみると。
なんと3列目ですよ!それも右ブロックのセンター寄りの端。
そして同じ列のセンターは関係者席。右ブロックの一番前も関係者席。
すっごくいい席じゃないですか。
3時間華仔がばっちり見えて最高の時間でした。
久しぶりに見る華仔は、さすがに50代なんだけどやっぱり素敵でありました。

ゲストはマジシャンのセロ。
なんと彼の誕生日も華仔と同じ9月27日なんだそうな。
マジックもしっかり見れて大満足の一日でありました。
間近で見ても「どうしてそうなるの!」というぐらいすばらしいマジックでした。

実は微妙な状況だったので、大陸のファンがたくさんいることでちょっと心配だったんですね。
いつもは何も言わない家人まで「大丈夫、気を付けてね」と言ってたし。
日本語しゃべっちゃっても大丈夫かなぁ、とかも思ったりしてました。
でも隣の席の二人は広州から来た人たちで英語がペラペラ、そしてとっても優しい人たちでした。
ある意味ホッとしました。

翌16日は今度は華仔が私たちの誕生日をお祝いしてくれるイベントです。
今回のイベントの会場は華仔の母校である可立中学。

RIMG1043-1.jpg

ちょっと興味があったので参加することにしました。
会場は学校の講堂ですかね、そこに椅子が並べてありました。
あらら、椅子は日本の学校の教室で使ってるのと同じだわ。
長く座ってるとおしり痛くなります。

前日とは打って変わってカジュアルな服装の華仔
どっちも素敵だなぁ。
最初に全員との2ショット写真撮影。
そのあとに質問タイムでした。
前日はけっこう(ほとんど)広東語だったのに当日はほぼ北京語。
質問が広東語でも北京語で答えちゃうのでほとんどわからず。
ちょいと悲しかったです〜

そして2ショットの時に華仔からサプライズのプレゼントが!続きはこちら
posted by まぎー at 22:21| 香港 ☀| Comment(0) | 華仔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

かなりあやふや

すっかりご無沙汰でございます。
残暑がきびしすぎるのと昨日まで8日連続の仕事でへろへろ状態であります。

そういえば五月天の12月の孝雄のチケットが発売されたようです。
3日間で15万枚のチケットが90分で売り切れたそうです。恐るべし、五月天
そういう意味ではこの間の日本のライブはすっごくおいしいものだったのかも。なにしろ近いからね。

さてさて遠い過去になった感のある7月の台湾旅行ですが、やっぱり続きを書かなきゃね。

台湾3日目はタロコから台北に戻ります〜
11時にホテルのバスでタロコから花連へ出発。
私たちともう一組だけなのでワンボックスでした。
タロコ渓谷の中を通って下っていきます。
途中でなぜか細い道に入り、従業員(なのかなぁ)のおじさんを降ろしました。
そのあたり何とも台湾ですねぇ。
もうすぐ空港だよね、というあたりでしたが、車はそのまま進みます。
そして花連駅に到着。
もう一組が降りました。
「あの〜私たちは空港なんですけど」
つたない英語と身振りで伝えると、運転手のおじさんは「そうなのか〜」みたいな表情でしたが、無事空港まで送り届けてくれました。

RIMG0843.JPG

空港はさすがに大理石の産地だけあって、大理石でできています。
搭乗ゲートには「ここは軍事基地なので写真禁止」と書いてあったので、日本人二人はおとなしく写真は自粛。同じく待ってた台湾人の親子はバシバシ写真撮ってたけどね。
行きと同じように出発の10分前ぐらいからようやく人が増えてきました。
まさしくバスとかと同じ感覚ですね。
花連からは日本の大阪や北海道に定期便がでているようです。
台湾東部の旅に行くなら大阪から直接入った方がいいかもしれません。
帰りの飛行機も満席。だけど日本人は私たちだけだったようで、行きと違って日本語のアナウンスはありませんでした。

30分で無事松山空港に到着。
空港から地下鉄で3つ目の忠孝復興駅の近くのホテルにチェックイン。
今回のホテルはロイヤルパレスホテルです。
地下街を少し歩いてからエレベーターのある出口を出て横断歩道を渡ってすぐです。
目印はけっこう有名なハローキティカフェ。
雨の多い夏の台北ではあまり外を歩かなくてよいので便利でしたよ。
お部屋はちょっと奮発してスウィート。
そんなに広くはないけど、お部屋が二つ、テレビも二つあったので一人が早く寝てもテレビ見たりできていいかな。
一人のお部屋だとそれほど高くないので、便利さを考えるとリピートありかな。
RIMG0846-1.jpg

RIMG0847-1.jpg

家人は台湾初めてなので、やっぱり故宮は行かないとね。
またまた地下鉄に乗って大直駅へ。ここからバスに乗って故宮博物院へ向かいます。
すぐにバスがやってきたので、思いのほか早く着けました。
夕方なのであまり団体さんもいなくてゆっくりとヒスイの白菜や象牙の細工物とか見ることができました。
故宮を出たら雨。
だけどすぐに止んで虹が出てました。それも二重の虹!

RIMG0856-1.jpg

帰りは士林駅までのバスに乗って翌日の予習のため、台北駅へ。
ここからタクシーで永康街へ向かいます。
台湾在住のお友達のNさんに教えてもらった台湾料理のお店「大来小館」
台湾料理といえば魯肉飯とかいろいろ食べました。
なかなか美味しかったです。当然台湾ビールもね。

RIMG0861-1.jpg

RIMG0862-1.jpg

まだまだ時間があるのでこれまたバスに乗って台北101へ。まあ下のお店はお高いから見るだけ〜
まだ登れる時間だったけど、天気もあまりよくないし、入場料もけっこうするんで辞めました。そしたらあらら、エスカレーターが突然止まってる。中国人の団体さんが何やらごちゃごちゃ言ってましたが、なかなか係りの人は来ない。
別のところから降りられるのにねぇ。なんでそっちに行かないんでしょうか。

RIMG0865-1.jpg

台北101からは空中回廊を通って地下鉄の市政府駅へ向かいます。
この道って雨の時とか濡れないので便利ですねぇ。

この一日はぐるっと台北の観光地を一周した感じですね。
posted by まぎー at 06:51| 香港 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月24日

五月天@サマソニ東京(幕張)

18日のリベンジということで、19日は早起きして幕張まで出かけました。
会場の幕張メッセについたのが、10時半ぐらい。
駅から歩けるというのはなんて幸せなんでしょうか〜
すんなり入れるし、会場のほとんどは冷房が効いた屋内だし大阪とはえらい違いです。

前日の失敗を教訓にして、まずはステージの確認。
マウンテンステージはちょうど真ん中あたりでした。
時間あるけどとりあえずステージの様子を確認がてら、入ってみました。
そしたら、ステージの近くではしっかりライブを聴いてる人たちがたくさんいました。
だけども、後ろの方では座ってたり、寝てる人までいます。
あらら、そうやってもいいのね。

ということで、五月天のライブの時間まで後ろの方で座って待つことにしました。
どういう感じでライブに参加するのか、とかも見ておきたかったしね。
最初は日本のバンドでしたが、歌詞は全部英語だったなぁ。
そしてつぎは外国のバンド。法被とか着てなかなか親日的。最後にはボーカルの人がステージを降りてサービスしてました。

さて、いよいよ五月天のステージですっ。
前のバンドが終わったところで、ステージ近くに移動します。
ゆるゆる行ってたんだけど、前から4列目の右端に行くことができました。
中華圏では絶対的に有名な五月天ですが、日本ではほぼ無名なので、こんなに前に行けるんですね。
ある意味日本のライブはお得であります。
ちょうど一緒になったIさん曰く「いつもの台湾のファンがたくさんいるね」
熱狂的な追っかけの人たちのようでした。

入念な音合わせの後で、いよいよ五月天登場!
サマソニだからね、やっぱりロックな曲じゃなきゃね。
最初っからノリノリでした〜
ちなみにセットリストは以下です。
 孫悟空
 離開地球表面(Jumpですね)
 你不是真正的快楽
 雌雄同體
 OAOA
 戀愛ing
 知足
 人生海海

両脇のスクリーンにはそれぞれの歌詞の日本語訳がMVと一緒に流れたようです。
というのもあまりに前すぎて、よく見えなかったんです。
日本語訳があると、五月天をまったく知らない人たちにも彼らの歌の意味がわかるので、これはいいかも。

大阪よりも長い時間だったので、雌雄同體と人生海海が追加されてました。
この2曲が追加された意味ってすごく大きいんじゃないかな。
やっぱりロックバンドってメッセージ性がないとダメだと思うんですね。
特に雌雄同體を選んだということがすごい。
ほんとに彼らはタダモノではありません。
そして最後の人生海海と続いていくのは、トリハダものでした。

最後に「日本でライブやるからね」と言ってましたが、ほんとなんでしょうか。
台湾メディアでは2月にやるらしい、とか書いてますがね。

大興奮の中でだけどもしっかり時間どおりに五月天のライブは終わりました。
前日のリベンジ果たしました。

これで、サマソニは終わったわけではありません〜
続きを読む
posted by まぎー at 02:34| 香港 ☀| Comment(2) | 五月天 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

五月天@サマソニ大阪

18日大阪に日帰りでサマソニ参戦してきました。
五月天がサマソニに出演すると聞いてからすぐにチケットは買ってたんですが。
何しろ前日まで実家でお盆だし、五月天の出演時間がたった30分だしで、半分行かないかなぁ、と思ってたんでした。
そんな時に同僚が一言
「好きなんだよね、そのバンド。だったら行くでしょ」
そうだよねぇ、やっぱ行かなきゃね。

当日早起きして大阪に飛びました。
予定通りにコスモスクエアの駅についてシャトルバスに乗ろうと思ったら、すっごい行列。
前日に気づいてバスのチケットは買っておいたのですが、延々続くバス待ちの列。
とりあえず並んだのですが、なかなか進まない〜
そんなこんなでただただ時間が過ぎていきます。
大阪の五月天のライブの時間は11時から。
まだ1時間以上もあるけど、間に合うのか?

ようやくバスに乗れたのが開始の10分前。
会場までは15分かかるということで、バスの中でジリジリしてました。
会場についてもまだチケットをリストバンドに換えなきゃいけない。これに10分ぐらいかかってしまいました。
あれ〜会場のどこかから五月天のjumpが聴こえてきます〜
リストバンドをつけて、会場に向かうも、どこがマウンテンステージなのか、わからん〜
必死でマップと格闘し、ようやくステージに向かった時には最後の曲のOAOAが聴こえていたのでしたもうやだ〜(悲しい顔)
結局彼らの演奏を見れたのは最後の1曲のみ。

早起きして大阪まで来たのに、暑い中バスに並び、もう疲労困憊でありました。

前日から大阪入りしていたUさんを探すも、なかなか会えません。
がっくりしながら「もう帰ろ」とお店が並んでいるところを歩いていたら、Uさんがいた〜
「1曲しか見れなかったよ〜どんなだった?」と訊くと、
「最初は全然合ってなかった、あんなに音調整してたのに」だったそうです。
やっぱり彼らも11時という早い時間だったから、まだ身体が起きてなかったのかしらん。
私が聴いたOAOAはまあ最後だったので、ようやく合ってきたって感じだったのかな。

見れなかったことと暑さでがっくりきちゃったので、他の出演者のライブはまったく見ずに1時過ぎにとっとと空港に向かいました。
ところが、これがよかったんですね。
この後、大阪は雷と豪雨で大変なことになっちゃってたんでした雷
サマソニ会場も一時ライブは中止となり、みんなに避難指示がでたそうです。

私が乗る飛行機も空港が雷雨で降りられない状態が続いて1時間ぐらい遅れて到着。
実際に飛行機に乗れたのが1時間半遅れとなってしまいました。
その間空港であちこちに走る稲光を見てましたが、やっぱり長居では最悪の事態になってたんですね。

サマソニ大阪の会場って他にないのかしら。
バスでしか行けないところが会場ならもっとシャトルバスを増やすとかしてほしいなぁ。
私のように目当ての人たちを見れなかった人がたくさんいるんじゃないかと思いますちっ(怒った顔)

消化不良だったので、翌日の幕張でリベンジですっexclamation×2
posted by まぎー at 01:03| 香港 ☀| Comment(0) | 五月天 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。