2008年09月15日

「ビバ!監督人生」

実は先週見てたんですが、感想が遅くなりました。
まずはこの邦題合ってるのかなぁ。
原題の「情非得已生存之道」が一番内容にあってると思うんだけど。
正しい意味はわからないけど劇中よく「心ならずも」が出てきたので、そういう意味なのよね。

taiwan movie1.jpg

監督・主演は台湾ドラマの監督で有名な鈕承澤(ニウ・チェンザ)
この監督のドラマはけっこう好きなんだよなぁ。
「求婚事務所」と「部屋においでよ」がいい。
まあ「部屋においでよ」はF4ファンからすると彼らは脇役なので不満だろうけどドラマとしてはよくできてると思う。
そして「求婚事務所」はほんとに好きで台湾版のDVDも持ってるし日本の放送も全部録画しちゃったしなぜかポスターもプレゼントで当たって持ってる。それぞれのパートもまとまってる(特に3、4ピリオドがいいなぁ)上に、全編通しての物語も秀逸。ちょっと監督出演し過ぎでおいしいところもってっちゃってるけどね。

さて、この映画はそんな監督のドキュメンタリーなんだかフィクションなんだかはっきりしない映画です。
実際に本人が本人役で出てるし。
最初と最後に台湾の芸能人がインタビュー形式でいろいろ答えてます。最初の最初に小綜が出てきたりしてびっくり。ella小Sも出てたね。けっこうはっきり物言う芸能人が出てるのかしら。

さてストーリーは監督が映画をつくろうとして悪戦苦闘するのをベースに彼の上手くいかない私生活もからめてます。
同棲してる恋人役に「ホスピタル」に出てる張鈞ィ(チョン・ヨウニン)ちゃん。劇中知ってる俳優さんがちょっとだけ出てきたり、名前が出てきたりとクスリとさせられることも多いです。

さて、はっきりまとまらないけど感想はバッド(下向き矢印)

続きを読む
posted by まぎー at 16:15| 香港 🌁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

「練習曲」

練習曲1.jpg先週末に見に行きました。
映画の題名は「練習曲」

台湾での評判も聞いていたのでかなり期待して見ました。
台湾を自転車で一周する青年のロードムービーです。


練習曲4.jpgあちこち巡っていく過程で出会う人々がいい。
それぞれがいろんな問題を抱えてたりするんだけど、とにかく生きていこうとしてる。
主人公の青年も聴覚障害だけど、だからと言って特別なわけでもない。みんな苦労もあるけど淡々と(というのともちょっと違うかな)生きてるのよね。


練習曲3.jpg特に主人公の祖父が媽祖のお祭りで媽祖の霊験を受けようと祈っている場面では主人公同様に涙がこぼれてしまいました。何とも言えないんだよね、このシーンたらーっ(汗)


大きなドラマとかのない映画ですが、とにかくいいです。
私自身も今年人生を考えさせられる大きな体験をしたからかなぁ、いろいろあるけどとにかく生きていくんだ、という普通の人々の姿勢に共感させられました。といってドキュメンタリーじゃないしけっこう知ってる俳優さんも出てます。声高にこうだっexclamationと主張してないからこその良さなのかも。
もう一度見ようかな、DVD買おうかなぁカチンコ

posted by まぎー at 13:22| 香港 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

中国映画の全貌

毎年開かれてる「中国映画の全貌」
今年も来月半ばから開かれるようです。
会場が新宿に移動してからは行ってないけど、その上映作品が決まったようです。
何と69本exclamation×2
作品のラインナップはmonicalさんところに載ってますので見て下さいね。
69本の中で新作は2本のみで後は公開されたものですが、もうね、大変芸術的なものからコテコテの香港映画まで硬軟取り揃えてますねぇ。

華仔のも「フルタイム・キラー」と「墨攻」だし、「少林サッカー」に「カンフーハッスル」も。さらには「頭文字D」に「早熟」「ラストコーション」も。
レスリーファンには垂涎の「ブエノスアイレス」と「さらば、わが愛」まであるのね。

上映期間中は国際映画祭やフィルメックスもあるし、これは身体がいくつあっても足りません〜それに仕事もあるしあせあせ(飛び散る汗)

上に挙げたのは当然見たいんだけど、他に見たいなと思っているのは、去年(あれ一昨年だっけ)見損ねた「クレイジーストーン」とずいぶん前にテレビで見てなぜか印象に残ってる「心の香り」。
上のと合わせると、これだけでも10本以上あるんですけど、どうしましょう、誰か時間をください〜時計


posted by まぎー at 01:02| 香港 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

ハムナプトラ3

今日はレディスデーだったので、「ハムナプトラ3」を見て来ましたカチンコ
うちの近くの映画館は何と電車で行った場合、pasmoを見せると200円引きになるサービスをしてるんです。確か9月末までだったかな。エコ得キャンペーンだそうです。これってレディスデーにも使えるんで、結局800円というかなりお得な値段で見ることができました。

「ハムナプトラ」シリーズは実は仕事がらみで前作2作品とも見てます。ヒエログリフとミイラの作り方がちょっと仕事で必要だったんですねぇ。まあ前作はミイラがかなり恐くてでもやっぱり娯楽作品で楽しかったなぁ、で終わってたんですが。

poster-mummy.jpg

今回は何しろ中国が舞台ですから、秋生さん出ちゃってますから。
相変わらずB級ムードプンプンの映画でしたね〜
もっと李連杰(ジェット・リー)がアクションやるのかと思ってたのに、あんまりそのシーンがなくて残念。あんな姿になってしまうので仕方ないのかなぁ。それなら他の人でもいいような。
楊紫瓊(ミッシェル・ヨー)と娘役の梁洛施(イザベラ・リョン)は何故に英語が話せるのか?とかあの雪男たちは?とか疑問符がけっこうあるんだけど、まあ楽しい映画です、それだけですが。
思ったより秋生さんの出番が多くてびっくりわーい(嬉しい顔) そして李連杰の部下のミン将軍役の王慎徳(ラッセル・ウォン)(マイケル・ウォンのお兄さんだったよね)がいい男だったのよ〜渋くて素敵。そりゃ、ミッシェル姐はこっちの方がいいよね〜
最初の方で「インビジブル・ターゲット」の素晴らしい敵役の呉京くんがちょっとだけ出てます。あっという間ですけどさすがにアクションすごいよ。

エンドロールで中国語で監督(導演)とか出るのがおもしろかったです。さすがに茶水はなかったけどね。もしかしたら中国での撮影ではいたのかしらん。

posted by まぎー at 21:13| 香港 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

言えない秘密

今日は割りとお天気もいいので、思い立って「言えない秘密」を見てきました。
何しろ一番近い映画館では夜2回しか上映してないからねぇ。
ぐずぐずしてたのは、平日夜の混んだ電車に乗るのにはまだ体力に自信がなかったから。
実は昨日も新宿に久々に行って、あまりの人の多さに早めに帰ってきちゃったし。もともと新宿とか渋谷って昔からごちゃごちゃして人がいっぱいで好きじゃないんですけどね。

6441Jay.jpg

さて「言えない秘密」カチンコ
なぜか劇場の中で一番大きなスクリーンで上映。
音響もかなりいいし、当然大きなスクリーンなのですが、お客さんはね〜やっぱり少ないよ。たぶん800ぐらいの座席に20人から30人ぐらいかなぁ。あまりにさびしいです〜ふらふら 自由席なので、スクリーンが見えやすいところに座りました。
カップルや熟年のご夫婦、女性同士とけっこういろいろな人がいました。

あ、予告で「レッドクリフ」がありました〜ちょっとだけ張震が出てきたので、ちとうれし。

映画は香港で2回見たけど、やっぱり日本語字幕があるとよく意味がわかります。こんなこと言ってたのかとかこういう伏線なのね、とかね。
最後のシーンが終わってエンドロールのところで不覚にも涙が流れてしまいました。何度も見てる(DVDも持ってるし)のに大きなスクリーンで見て改めてジーンときちゃったんだなたらーっ(汗)

6879Jay.jpg

桂綸[金美](グイ・ルンメイ)の不思議な魅力全開だし、ジェイのふだんはボーっとしてる感じがまたいいのかも。

6895Jay.jpg

前にも書いたけど、淡水の川べりのシーンの夕方の光が何とも言えず素晴らしい。自転車に乗っていく風力発電の場所とか雨のシーンとかも好きだなぁ。
そしてジェイの母校でもある高校の校舎がこれまた素敵。制服もルンメイちゃんが着ると何て素敵なんだろう。
時間があったら、また見に行きたいです。もっとたくさんの映画館で上映してほしいなぁ。
posted by まぎー at 01:12| 香港 ☀| Comment(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

DNAがアイラブユー

昨日、六本木に台湾シネマコレクションを見に行ってきましたカチンコ
平日で雨模様の昼間なのに、20人ぐらいのお客さんがいました。
同じ劇場で公開されてる「非情城市」を見に来ている方もけっこういたようです。

l_p1011080987Movie.jpg私が昨日見たのは「DNAがアイラブユー」
「靴に恋する人魚」の李芸[女軍](ロビン・リー)監督の長編第二作なのかな。
主演は女性陣は關穎(テリー・クワン)余男(ユー・ナン)
男性陣は何潤東(ピーター・ホー)彭于晏(エディ・ポン)

何とも現実離れした街が舞台のラブコメなのかな。

感想は(以下ネタばれあり)バッド(下向き矢印)


続きを読む
posted by まぎー at 17:45| 香港 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

カンフーダンク

周杰倫(ジェイ・チョウ)主演の「カンフーダンク」
もうすでに公開されてますが、何しろ近くの劇場は吹替え版のみ。
字幕版をやってる劇場も夜しかないし、遠いしもうやだ〜(悲しい顔)
なので、すでに買ってある香港版のVCDを見ました。
これを見てから吹替え版を見に行ってもいいかな、と思ってね。



今回は周杰倫主演だから、と言うことで北京語で見てみました。香港版なので、広東語もあります。でもたぶん周杰倫は吹替えになっちゃうから。
さて、感想は(以下ネタばれあり)バッド(下向き矢印)

続きを読む
posted by まぎー at 12:08| 香港 ☀| Comment(6) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

ぞくぞく来日

今週末からいろいろな映画が上映されますね。
それに合わせて、舞台挨拶などで明星も来日するようです。

まずは「言えない秘密」
さすがに監督主演の周杰倫(ジェイ・チョウ)は前日来日したばっかりなので、無理みたいです。でもお相手役の桂綸[金美](グイ・ルンメイ)ちゃんが24日に舞台挨拶するようです。
この映画は去年の夏の香港で若い観客でいっぱいの映画館で見ました。周杰倫初監督作品とは思えない素晴らしいしっとりとした映画です。時間があったらぜひ見に行かなくちゃ。あ、秋生さんも出てるしね。

そして六本木で始まる「台湾シネマ・コレクション」
こちらも開始前日22日にイベント、24日は舞台挨拶で彭于晏(エディ・ポン)が、そして9月6日には「求婚事務所」などのドラマの監督でもある鈕承澤(ニウ・チェンザー)監督の舞台挨拶が予定されてるようです。
最近元気な台湾映画の上映で今からとっても楽しみです。Uさんに5回券の前売り買ってもらっちゃったし。頑張って行かなくちゃ。

そして何とさっき知ったのがこれ。
「インビジブル・ターゲット」これってどんな映画だexclamation&questionと一瞬考えましたよ。何と「男兒本色」なのね。知らないうちに公開予定だったのね。
その公開初日30日に何と何と息子のように可愛い房祖名(ジェイシー・チェン)が登場するんです。これは絶対行かなくちゃexclamation×2ということで早速先行予約してみました〜抽選当たりますように。

映画館が新宿だから「言えない秘密」とはしごして見ちゃおうかな。
しかしあまりに違いすぎる二本の映画の内容かもカチンコ
posted by まぎー at 13:11| 香港 ☀| Comment(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

レッドクリフ

「レッドクリフ」の記者会見がありましたねカチンコ
どうして題名が英語なのかなぁ、「赤壁」でダメexclamation&question
「赤壁」じゃ日本人わからないのかしら、三国志ってけっこう日本では知られてると思うんだけど。
最近はどうも英語の原題そのままの題名が多いよね。意味わからないのも多いし(私が英語苦手なだけexclamation&question
何でも英語にするのってあんまり賛成できないなぁ。

U2507P28T3D2129988F326DT20080807071358.jpg

さて、記者会見。
主役の梁朝偉(トニー・レオン)はやっぱり新婚さんなので、とってもご機嫌な写真が多いな。こんなニコニコばっかりのトニーって珍しい。

そして私としてはとっても嬉しいのが、張震(チャン・チェン)が来たこと。彼って台湾の誇る若手いい男映画明星だものね。これは絶対見なくてはいけません〜揺れるハート

DA16_001.jpg

その他金城くん、女性陣では林志玲(リン・チーリン)さんがあでやかなチャイナドレスで登場してますね〜さすがに彼女はトップモデルだけあって決まりすぎなぐらい決まってますぴかぴか(新しい)

「赤壁」は東京国際映画祭のオープニング上映が決まったそうです。この人たち(特に張震)の舞台挨拶があるなら頑張ってチケットゲットしなくてはっexclamation×2
posted by まぎー at 11:22| 香港 ☔| Comment(6) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

いい人なのか?

入院中にお見舞いに来てくれたIさんがおもしろい情報をくれました。
それはCSに登場した香港映画専門チャンネルMATVムービーアジア張耀揚(ロイ・チョン)がたぶん主役の映画をやってるということ。
張耀揚といえば、香港映画の重要な脇役それもほとんどが悪役の俳優さんです。
実は密かに(でもないか)張耀揚好き黒ハート の私としては見ないわけにはいかないなぁ、と思っていました。

164713451Roy.jpg

なかなか見る機会がなかったのですが、このチャンネルはけっこう同じ映画を何回もリピートしているので、ついに昨日見ることができましたカチンコ

いや〜何だかな〜完全にB級映画です。途中から見たせいか全然設定もわからない。どうもダイヤをめぐって東南アジアのどこかを逃げ回っています。それもきれいなお姉ちゃんと一緒に。でもこのお姉ちゃんは彼女でもなんでもなくふらふら
お姉ちゃん役は温碧霞(アイリーン・ワン)という女優さん。以前はいろいろ映画に出てました。でも最近もけっこう頑張ってるようです。去年の夏香港で見た「出エジプト記」にもかなり色っぽい人妻役で出てましたね〜
さて、お話ではお姉ちゃんとはダイヤをめぐってライバル関係なのかな。張耀揚(確か役名も安易にロイ)は友達のために、お姉ちゃんは彼氏のために。彼氏役はあの呉鎮宇(フランシス・ン・ジャンユー)なのでした〜あちこち逃げ回って(なぜ逃げ回っているのかは前半見てないのでわからん)いるうちに何となくお互い気になる存在になるのでした〜

という映画で、なんと張耀揚いい人らしいです。珍しくラブシーンとかあったり、最後まで生きてますパンチ

張耀揚といえば、ほんとに憎ったらしいまでの悪役(主役を苛める看守とか主役を追い詰める黒社会の人とか)ばっかりなのよね。とにかく黒社会度強し。最後は哀れな死に方ばっかりしてます。無間道Uではほとんど台詞もないままに殺されちゃうし(でも存在感はあるのよ)

xwk288b010cp02Roy.jpg

pdcm0588.jpgほんとに珍しくも最後まで生きてるしいい人(?)という貴重な映画でした。最初から見たいぞっということでDVDを探しました。中文名が「蠻荒的童話」だそうです。かなり昔(1991年)の映画なのでないかな〜と思ってたらありました。さすが美亞、しっかりDVDにしてくれてました。値段を見てまたびっくり。日本円で850円だよ。これってきっと香港では10〜20HK$ぐらいで投売りされてるんだろうな〜
同じ値段でこれまたよくわからん(コメディみたい)なのも一緒にお買い上げしました。ふふふ、届くの楽しみですわーい(嬉しい顔)



追記
張耀揚(ロイ・チョン)の写真アップしました。金髪のこれぐらいの長さが一番好きです。
もう一つ、写真を探していろいろ記事を見てたら、香港の妖しいグループ、草[虫孟]グラスホッパー(ばった)弟の蔡一傑と噂があったらしいです。どうも20年来のお友達だそうな。この二人どこで接点あったのかなぁ、たくましい肉体かexclamation&question
posted by まぎー at 23:33| 香港 | Comment(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

ミラクル7号

ただいま公開中の「ミラクル7号」
あんまりお客さんの入りが良くないようで、家の近くの映画館では今週末までの上映です。
それも夜2回の上映しかないあせあせ(飛び散る汗)
今、車の運転ができない上に、電車に乗って出かけるのもまだ無理。

ということで、以前香港に行ってた友達に買ってきてもらったDVDを見ることにしました。実はけっこう見てないDVDがたくさんあるんですねCD
このDVD、タイトルは英語になってるし、な〜んとタイ語の吹替えがある。字幕は中国語は当然、インドネシア語、韓国語まであるのね。なのになぜか日本語はない〜あせあせ(飛び散る汗)

まあ、どうにかなるさ、と鑑賞。
ほのぼの親子愛に謎のUFOナナちゃん(七仔といってたし)からむ涙あり、笑いありのいい映画でした。
だけど、ちょっと星馳の毒っ気がなくなったような感じだなぁ。誰にでも好まれる映画なんだけど、これって星馳じゃなくても作れるよな。
やっぱり星馳の映画はある意味毒がなくっちゃ。
それにきれいなお姉さん、最後まできれいなままだし。
そういう意味では「小林サッカー」とか「カンフーハッスル」の方が私好みかな。
でも見てよかったと思える映画ではあるので、ぜひ見てくださいませカチンコ
ちなみにナナちゃんはあんまり役にたたないけど、可愛いです黒ハート


posted by まぎー at 12:25| 香港 ☁| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

前売り

8月下旬から台湾シネマ・コレクションが六本木で開催されますカチンコ
台湾映画ってかな〜り地味(本国でもマイナーな存在みたい)なので、なかなか公開されないのよね。
実際、見てスカッとするか、というとほとんどそうではなくて、何だかなぁ、って感想の映画も多いし。

でも今回はかなり最新作が上映されるので、見たいなぁ、と思っていたのでした。
だが、しかし何しろ術後の身、前売りを買いに東京まで出かけるなんて無理なんだよね。まあ当日券で見るかと考えていました。
たぶんその頃には元気になってるはずなんでね。

そしたらそしたら五月天迷のUさんからメールで、前売り買いますよexclamationとのこと。
ちょうど見たい(というか見てない)のが5本なので、5回券をお願いしちゃいました。
動けない時にうれしいメール、ほんとにありがとうございました〜ぴかぴか(新しい)

さあ前売り買っちゃったんだから行けるようにリハビリリハビリわーい(嬉しい顔)
posted by まぎー at 19:04| 香港 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

映画が見たくなっちゃった

今日は年度始めだと言うのに、仕事を半分ずる休みしてしまいました。そしたらほんとに頭が痛くなってきて、ほんとのお休みになってきちゃったよ。

台湾の旅もまだ一日目なんだけど、今日はこの映画がとっても見たくなって、ゴソゴソ探して観てしまいましたカチンコ

五月の恋五月の恋
チェン・ボーリン リウ・イーフェイ メイデイ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


右斜め上お買い得で発売されるようです。私は3980円で買ったけど。

初めてこの映画を見た時はまだ五月天の曲をそれほど知らなくて、「ふ〜ん何だか甘い初恋物語だな」程度にしか感じませんでした。
今日改めて見て、いや〜五月天の曲が上手い具合にきいてるよ。映画の中で流れる曲には歌詞も字幕がついてて、彼らの歌のすごさが少しだけわかりましたるんるん
まあストーリーはベタだけど、これいいなぁ。
行ってきたばっかりの台北の本屋さんも出てくるし〜
五月の雪が降るらしい三義に行ってみたくなりました。
ところで三義ってどこにあるのexclamation&question
映画の中で鉄道の最高地点とか言ってたなぁ。
調べてみようっと。
posted by まぎー at 21:16| 香港 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

マイブルーベリーナイツ

台湾旅行のお話はちょっと置いといて。
水曜日に「マイブルーベリーナイツ」を見てきました。

夕方の回でレディスディだというのに、郊外の映画館は15人ぐらいしかお客さんが入っていませんでした。大半は女性でしたが。

さてさて、王家衛の新作映画です。が、中華な人たちは全然出てきません。これってアメリカ映画なのかなぁexclamation&question
パンフレット見たら、何とフランスと香港の合作映画でした。でもフランス人は一人も出てきませんが。

327838view001-01.jpg

アメリカが舞台の映画だけど、もう王家衛だなぁと思える場面ばっかし。
電車が走ってるところは「天使の涙」の一場面みたい。
ノラ・ジョーンズが佇んでいる交差点は「欲望の翼」の華仔マギーの夜の散歩の場面だし(トラムの交差点だったなぁ)
ジュード・ロウ(こんなにいい男だとは今まで思わなかったよ)のお店のカウンターはまさに「恋する惑星」のフェイ・ウォンが店番するお店だし。
とにかくほんのちょっとした場面もやっぱり王家衛なのよ。

ノラが自分探しに出かける旅先での出来事もまたそうだよな〜二つの出来事それぞれに涙してしまいました。

最後戻ってくるところも「恋する惑星」みたいだけど、この素敵なキスシーンはやっぱり欧米系の人のものよね。

音楽はライ・クーダーだって。これもパンフレット見て知りました。王家衛の映画は音楽もまた素敵です。

見ていて、やっぱり登場人物を中華明星に置き換えてしまいました。
うふふジュード・ロウの役は華仔にやってほしいなぁ(でもこんな落ち着いた役はできるかどうかわからんが)Rさんが書いてるように張震でもいいかな。ノラの役はちょっと思いつきません。フェイ・ウォンだとちょっと軽すぎちゃうかな。でも同じ歌手だし、映画初出演だからけっこうかぶってはいるけど。妻に去られてアル中になってる警官役は、そりゃ警官といえば、トニーしかない。となると分かれた妻はマギーかしらん。そしてギャンブラー役は奔放な感じでカレン・モクかなぁ。

ぜひ同じ感じの映画を中華な明星でつくっていただきたいです。



posted by まぎー at 14:13| 香港 ☁| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

ラスト・コーション

土曜日は、久々に華仔迷の友達と新年会レストラン
ほとんどがコンサートに行ってたけどそれぞれ時期が違っていました。お正月のカウントダウンや最終日のことなど聞けたし、歌ってた歌も微妙に違うことがわかりました。
それに、昔からの(もう10年ね)友達なので、何を話してもわかってもらえてやっぱりいいなぁ。
今度はマンダリンでハイティしましょ、とのこと。こちらも楽しみ〜喫茶店

そしてみんなと別れて「ラスト・コーション」を見に行くことに。
近くの日比谷に行ったら、な〜んと3時45分の回が売り切れ!次の回を見ちゃうと遅くなってしまうので、みなとみらいで見ることにしました。
みなとみらいの5時30分からの回はさすがに満員ではなかったけれど、8割は埋まっていたと思います。年齢層はさすがに高かったかな、女性が少し多かったかも。

さて、日本語字幕を見ての感想は(ネタばれあり)バッド(下向き矢印)
続きを読む
posted by まぎー at 00:28| 香港 ☔| Comment(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

花蓮の夏DVD

自分のブログにamazonのお知らせを入れていながら気づきませんでした。
3月に花蓮の夏のDVDが発売されるそうです。

karen_b3.jpgkaren_a3.jpg

花蓮の夏花蓮の夏
ブライアン・チャン ジョセフ・チャン ケイト・ヤン


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


あのキラキラした若者たちがまた見れるのねんぴかぴか(新しい)
そしてエンディングは当然途切れませんよね。
そんなに日本で力入れてない分、変な日本語の歌がイメージソングになる心配もないし。
阿信の歌を映像と一緒に聴ける〜るんるん

私?当然もうポチッとしてしまいました〜
posted by まぎー at 21:36| 香港 🌁| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

インファナル・アフェア三部作


いや〜今日も見てしまいました。
DVDもDVD-BOXも香港版も日本版も持ってるほど好きな映画だから。
それに今回は何と言ってもカットなしだし、字幕だし。


一昨日は途中で家人が帰宅して途切れてしまいました。念のため録画しててよかったよ。
Tはもうそりゃ傑作中の傑作ですからね。
最後の梁朝偉が撃たれた時の華仔の表情が忘れられません。


そしてU、華仔は出てないけど、芸達者な呉鎮宇(ン・ジャンユー)やほとんど台詞ないけど、光ってる(私的にはね)張耀楊(ロイ・チョン)が出てて、こちらも素晴らしい。あ、陳冠希(エディソン・チャン)余文楽(ショーン・ユー)もTの二人にはあんまり似てないけどけっこういい演技してます。


今日のV。途中から見たんだけど、やっぱり最後のところの華仔の台詞「善人になりたかったんだ」に涙たらーっ(汗) この台詞の善人って広東語では「好人」と言ってます。善人というとちょっと硬いけど、広東語だと「いい人」みたいな感じかなぁ。そのために人生狂わせちゃう、そして最後まで無間地獄の華仔があまりに哀しすぎるもうやだ〜(悲しい顔)
そしてたぶん旺角のスピーカ屋での場面ではぼろ泣きですたらーっ(汗)そうこれはTのあの場面に繋がるんですねぇ。
この音楽いいよね〜るんるん


そういえばサントラ三部作も買ってたんでした。これもまたよろし。

とにかくこの三部作はそれぞれがすばらしく、何度見ても泣ける映画なんだなぁ。放送してくれてありがと、NHK。
posted by まぎー at 23:48| 香港 ☔| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

戒|色

lp07_lustcaution.jpg昨年末香港に行った時に買ってきてたんですが、なかなか見る時間がなかった「戒|色」
いよいよ今週末に日本でも公開されるようなので、昨日やっと見ました。
何しろたぶん日本ではカットされる場面があるだろうし、そこがけっこう重要な部分なのではないか、と思ってノーカットの香港版を買ってきたんですね。

そして見た最初の感想は
「これって湯唯(タン・ウェイ)の映画じゃないかexclamation&question 梁朝偉(トニー・レオン)が主役とは言えないんじゃないかな」
でした。とにかく最初からずっと出てるのが新人女優の湯唯なんですね。彼女を軸にして話も進んでいくわけだし。

もうすぐ公開なので詳しい感想は(ネタばれあり)バッド(下向き矢印)

続きを読む
posted by まぎー at 01:45| 香港 🌁| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

インファナル・アフェア

とりいそぎ
今晩9時NHK BS2で不朽の名作「インファナル・アフェア」が放送されます。
NHKは字幕が独自と思われますので、ぜひチェックしてください。
posted by まぎー at 19:49| 香港 🌁| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

「破事兒」を見る

さて、「破事兒」です。
まずは簡単なストーリー。
7つのコメディのオムニバスからなっています。それぞれに人気のある役者さんが出てます。かなり下ネタが多いかな。そしてかなりブラックな皮肉が満載。
ストーリーは七つもあるので、正直はっきりと憶えてないかも。
なかでおもしろかったのは

hkmov_1196161918-2破事児1.jpg余文楽(ショーン・ユー)が新米殺し屋を演じてるの。何と殺し屋エージェントがあって、お得意様割引とか特別に一人分は無料になるとかほとんど普通の商売になってるところがミソ。余文楽さんは新米なので、なかなか殺せない、そして相手の態度もなかなか笑える。

それから鍾欣桐(ジリアン・チョン)[登β]麗欣(ステフィ・タン)が仲良しの高校生役で登場するもの。鍾欣桐は冴えない子で[登β]麗欣を親友と思ってるけど彼女はそうでもなくて。

こちらでは鍾欣桐が声を掛けられている男の人について相談してるところが笑えました。

「彼は刺青してるんだよ、黒社会の人かも」
「黒社会の人は義理に厚いから、親も大事にしてくれるわよ」

鍾欣桐は真剣に相談してるんだけど<、strong>[登β]麗欣は同級生の男の子に夢中になってて適当に答えてる。ここはけっこう笑いがありましたね〜

hkmov_1196161918-4破事児2.jpgこの言葉がきっかけで鍾欣桐は自動車修理工の彼と付き合うようになって妊娠。中絶のお金を借りようとするんだけど<、strong>[登β]麗欣は同級生の子との日本旅行に使うために貸さないの。それで仕方なく鍾欣桐は中退して彼と結婚。ところがこの彼が思いのほかいい奴で(刺青してるけどね)仕事も順調、家庭も円満。そして[登β]麗欣も旅行に行った同級生の子を妊娠、当然中絶するお金もなく彼も音信不通になりシングルマザーに。
そして何年か後、高校の同級会で、鍾欣桐[登β]麗欣の感謝の言葉を述べる。「あの時のアドバイスがなかったら今の私の幸せはない」そして中退して文化祭(みたいなものかな)で歌えなかった陳百強(ダニー・チャン)の歌を一緒に歌う。(高校時代カラオケで練習してた)[登β]麗欣は後悔ともつかない思いにかられるのでした。
という内容かな。
陳百強(ダニー・チャン)といえば、レスリーと人気を二分してた超アイドルだよ。それを彼女たちが振りつきで練習してるのがどれだけ人気があったかわかるなぁ。そして彼が死んだというニュースを聴いてシングルマザーの[登β]麗欣が泣く場面では「青春が終わった」という象徴なのかも。

その他のストーリーもかなりブラックでした。まあ彭浩翔だからね、当然かも。でも私は割りと好きです。

日本の映画祭常連の彭浩翔作品(でもなぜか公開されず、さらにDVDにすらならない)なので、今年の映画祭で上映されるかもしれませんね。
posted by まぎー at 21:43| 香港 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。