2015年08月22日

蘇打緑ライブ!

21日蘇打緑のライブに行ってきました。
けっこう蘇打緑のCDは持ってるし、青峯の透き通った高音を聴きたいとは思っていたので来日ライブ決定して嬉しかったです。
チケットを購入するのが遅くなったので整理番号が500番代でしたが、まあまあ中央の席を確保できました。
「小情歌」ぐらいしか曲のタイトル知らないけど、他の知ってる曲を生の青峯が歌うのを聴けて鳥肌ものでした。彼らは誰も真似できない独特な雰囲気を持ってますね。
ただこんなにMCが多いとは思わなかったなあ。メンバーそれぞれが饒舌。それも全て中国語。いくら台湾や香港からのファンが多いとはいえ、ここは日本だよ、日本語で全て話すのは無理だけどせめて英語で話してほしかった。青峯はけっこう日本語の発音がキレイだっただけに残念。
自分のこと「峯ちゃん」とか言ってたな。
日本だけのボーナスで椎名林檎の「歌舞伎町の女王」「浴室」も歌ってくれました。
彼らも中華圏ではスタジアムクラスを満員にするグループですから日本のライブはお得です。
また近々来てほしいなあ。

もらったチラシの彼ら、全然違う顔なんですけど。ライブの方が断然いいです!

B9EFBA61-BBC4-4A99-93FF-C60647D31FAC.jpg
posted by まぎー at 22:56| 香港 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

蘇打緑も!

五月天に続いて蘇打緑も日本でライブをやってくれるそうです〜



続いて、とか書いたけど、実は一週間前の8月21日です。
全席自由と書いてあるんだけど、あの会場に椅子が並ぶのかしら。
蘇打緑の歌は座ってききたいものが多いからできれば椅子をお願いしたいし、椅子なしのスタンディングであの値段(8000円)は高すぎる。

DVDとか見ると、コミックバンドかというぐらいかなり奇妙な衣装だけれど、やっぱり青峰の澄んだ高音のメロディ聴きたいです!

Sodagreen (蘇打緑) - 十年一刻 (CD+DVD) (台湾盤) - Sodagreen (蘇打緑)
Sodagreen (蘇打緑) - 十年一刻 (CD+DVD) (台湾盤) - Sodagreen (蘇打緑)
posted by まぎー at 00:04| 香港 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月17日

宇宙人ライブ

大変ご無沙汰しております。
先日台湾のバンド「宇宙人」のライブに行ってきました。
去年のサマソニで、軽食を食べながらまったりと見てまして、なかなかふんわりとした印象を受けてました。
ライブがガラガラじゃかわいそうだな〜、みたいな感覚で、チケットを買って五月天仲間のお友達と一緒に行ってきました。
渋谷のライブハウスって、以前五月天がやったとこかな、とか言いながら道玄坂到着。
違うな〜、裏の方から入るのね、ということで階段で5階まで。これはつらいっす、ライブハウスは若くないとだめかもね。
中は思ったより狭い!近い!そんな感じでした。
彼らの曲はあんまり知らなくて直前にちょっと動画を見て予習したぐらい。のれるかちょっと心配だったけど、大丈夫、楽しかったです。
ほんとにふんわりとした癒しって感じの曲ですね。BGMにいいかも。
会場は女性度高かったけど、最前列にはSTAY REALのキャップとかTシャツの男子2人組が。台湾とかだと、けっこう男子2人組多いけどね。
去年のサマソニの時には日本版のCDは売り切れ、ということだったんだけど、帰宅後に通販サイトを見たら在庫あったので、買っちゃいました。
まだまだ聴きこんでないですが、ゆっくり聴いていこうと思ってます。
ただCDの曲名が日本語なのがなぁ。中国語のタイトルも入れてほしいです。

どうでもいいけどメンバーの一人が若い知り合いに激似で、なんとも親しみを感じました。
今度はもうちょっと大きい場所で聴きたいです。

コスモロジー - 宇宙人(Cosmos People)
コスモロジー - 宇宙人(Cosmos People)
posted by まぎー at 11:22| 香港 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

コンサートDVDを鑑賞中

今日は家人が実家に泊まるということで私一人なのです〜
何をやっても見てもOK!(これでも一応家ではちょっと遠慮してます)

何を見ようかな。
ドラマもいいけど、最近どうも集中力がなくて日本語字幕があるドラマもなかなか見る気が起きないんです。
コンサートDVDならそんなにしっかり集中しなくてもいいし。


そういえば、この間の香港で唯一買ってきたDVDがあったなぁ。
で、見始めたのが草[虫孟](グラスホッパー)の25周年コンサート。

l_p0018192123grashopper.jpg

彼らはけっこうデビューあたりから知ってて初期の頃のCDとか持ってたのでした。
去年の夏にコンサートに行くつもりでチケットも買ったんだけど、行けなくなったのでまだ彼らの生歌は聴いたことがないのよね。

いや〜すっごく楽しいじゃないの。
なぜか色気たっぷりの中年3人組だよ。
歌もダンスも安心して見てられます。
そして懐かしい歌のオンパレードだ〜
CDもおまけのDVDも付いててすっごくお得感あります。
おまけDVDにはゲストの映像と歌が
これがまた豪華なのよ。exclamation
軟硬天使張学友(ジャッキー・チョン)任賢斎(リッチー・レン)譚詠麟(アラン・タム)BIG FOUR(許志安とかの仲良し4人組)黄躍明(アンソニー・ウォン)、などなど
やっぱり彼らの生歌見たいなぁ。

香港のコンサートのDVDをもう少し見たくなっちゃって、出してきたのがこれ。

l_p0006748871sammi.jpg

香港のレコード会社(東亜華星)所属のアーティストが登場する特別コンサート。
確か2009年だったかと思いますが、これまた出演者が豪華です(私的にね)
3枚組なんですが、やっぱり3枚目が必見です。
このコンサートでは、それまで体調不良でお休みしてた鄭秀文(サミー・チェン)が、復活して元気な姿と声を披露してます。
そしてね、必見はサミーと去年世紀の復活愛となった許志安(アンディ・ホイ)が「唯獨[人尓]是不可取替」をデュエットするところ。
下からサミーを見つめながら歌う安仔の表情はやっぱりサミーのことが好きなんだよな、と誰でもわかる顔をしてます。二人とも好きだからずっと幸せでいてほしいなぁ。

最後のトリは当然ですが、華仔
私が好きなダンサブルな曲が多くてうれしいぞ。

このコンサートでは、アニタ・ムイレスリー・チャンに敬意を表して彼らの歌もたくさん歌われてます。それもまた懐かし〜

今夜は広東語の歌に酔っておりまするんるん
posted by まぎー at 00:14| 香港 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

Asia Music Summit

早いものでもう5月ですね。
連休の前半ももうおしまいです。
私の場合しっかりカレンダー通りの仕事なので明日は一日だけ仕事です。

さてさてもう一週間も経ってしまったAsia Music Summit
簡単なレポと感想です。

hちゃんと渋谷で待ち合わせて軽く食べてから行くことに。
いつものことながら渋谷の町は人人人の大混雑。
もうね、駅前からいやになっちゃうんです。歩道狭いし、昔から好きじゃないんだよなぁ。

4時半ごろ会場のNHKホールに到着。
ここまでもいろいろイベントやってて大変な人込み。

入り口の前にはダッフィーらしきおっちゃんたちの姿も。
でもさすがに買ってる人はいなかったな。

5時過ぎに入場。
何しろ並ぶのが嫌いなので並んだ列がなくなった頃に入り口へ。
グッズ売り場とかスターへのファンからのお花とかはしっかりスルー。
とっとと座席に向かいます。

座席は何と悲しいことに3階。
先行予約で取ったけど、今までで最低の席でしたね。
席がとにかく確保したい人たち(ある意味熱心なファンね)に後のほうの席を売るってエージェントの姿勢がよく現われてます。
まあ今回はそれほど期待してなかったけどね、実際席に座ってみるとステージ小さすぎ、遠すぎ。
そして最近多い一律の値段。
一番前の席と3階の席の値段が一緒ってのが納得いかない。
香港だったら、500ドルは違うよ。それが当たり前じゃないのかしら。

さてさて大体定刻にステージ開始。
最初はdance flow。前回よりメンバー減った?
途中から韓国の何とかちゃんも加わり歌って踊ってました。
相変わらず可もなく不可もなくのステージ。彼らって台湾ではどうなんでしょか。

二番目はDA Mouth愛紗がすご〜く痩せてて別人のようでした。
多国籍の人たちですが、けっこう好きかも。
聴きたいな、と思ってたグループなのでよかったです。

次はウィルバー。彼もステージは初めて。
なかなかかっこよかったですね。ラップが中心と思ってたけど、ドラマの主題歌(笑ハナね)も歌ってくれました。さすがアメリカ育ち、MCは英語。

そしてショウ
いや〜やっぱりショウって盛り上げ上手。
しっかり「3階のみんな〜」とか言ってくれるし。
ほぼ日本語で話してましたね。まあ彼の日本語はタメ口なんだけど、そこも実践で覚えた感じがするしね。
歌も踊りもさすがショウくんでした。

最後はヴァネス
最初白い衣装だったけど、後半「アツい」と脱いでくれました。
おお〜、素敵な肉体が。
以前よりもすっかり大人になって素適度アップ。

ショウくんとヴァネスが好きなhちゃんは大満足でしたね。

最後にヴァネスがみんなのために日本のために長〜いお祈りをしてくれました。
ヴァネス神様への愛がすごく深いんだね。
hちゃんと「彼は牧師さんになれるね」とか言っちゃいましたが。
キリスト教への信仰がそれほど強くない日本ではちょっと引かれるかもしれないけどね。
でも日本のために祈ってくれてありがとう。
そしてまだまだ外国では日本への渡航に不安がある状態の時に日本に来てくれてありがとう。

最後にメンバー全員で「We are the world」を歌いました。
さすがにアメリカ人の二人はしっかり歌えてたけど、ショウくんは全然歌えなくて、サビコーラスの部分だけ歌ってるふり。でもそんなところもお茶目。
そしてヴァネスショウくんに「通訳して!」って言った時のリアクションが面白すぎ。
「何でオレ?愛沙がいるでしょうが。彼女は日本人だよ」そんな感じでしたかね。

前回よりも何倍も実力のあるアーティストが出てくれて(ごめん、小綜)楽しかったです。
そして今回は席あるし。
次回もあるならぜひとも値段は一律じゃなくお願いします。
posted by まぎー at 14:49| 香港 ☀| Comment(4) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

ロック30周年

台湾の滾石唱片(ロックレコード)創立30周年を記念してコンサートが来週あるようですカラオケ
さすがに30周年ということで出演者がすごい顔ぶれ。
できることなら見に行きたいところですが、ちょっと無理。
香港のhちゃんが行くそうなので、レポお願いいたしますね。

コンサートは無理だけど、30周年の記念CDが出たので早速購入。

l_p0013742654rock.jpg

入ってるアーティストは陳昇(ボビー・チェン)李宗盛(ジョナサン・リー)任賢齊(リッチー・レン)陳綺貞(チアー・チェン)莫文蔚(カレン・モク)伍佰(ウーバイ)五月天(メイデイ)そして香港からは張國榮(レスリー・チャン)草蜢(グラスホッパー)BEYOND(ビヨンド)とすごい数。
そうそう成龍(ジャッキー・チェン)の「明明白白我的心」(私でも歌えるかも)まで入ってまするんるん
7枚組で2500円ぐらいのお値段(これも円高のおかげかな)でお得でした。

とりあえずi podに入れて聴いてみようと思ってます。

で、さっきまた音楽通販サイトを見てみたら、今度は何と20枚の記念ボックスが発売されるそうです。

l_p0014238280rock.jpg

これがねぇ、またまたすごいんだな。
買った7枚組には入ってない曲ばっかりなの。
欲しくなっちゃうよ〜
そしてなぜか弁当箱仕様のケースに入ってるようです。

L_g0014238282rock.jpg

こちらは12月初めに発売予定みたい。お値段は1万5000円ぐらいですかね。
どうしようかなぁ、買いたいなぁー(長音記号1)
posted by まぎー at 03:03| 香港 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

Asia Music Summit feat

土曜日に行われた「Asia Music Summit feat」久々の小綜見てきましたよ。

17時開場だったけど、台湾イベントの仕切りの悪さを何度か経験しているので、ちょっとゆっくり出かけました。
私たちが着いたのが17時15分ぐらい。
でもまだ開場してません。
いつもの通り坂の上の駐車場で並んで待ちます。
これがまたかなりアバウトな並び方。大体500番ぐらいのグループになってました。
時々係りのお兄ちゃんが何か話してるんだけど当然「聞こえませんからexclamation×2
せめてハンドマイクぐらい使いなさいよね。

今回はTさん、Hさん、Gさんと一緒に参戦。
ようやく17時半ぐらいに入場できることになりました。
建物入り口手前で、10番刻みで入場。ここでもマイクはなし。

会場に入るともうセンター前方は人がいっぱい。
右寄りのもたれかかれるバーがあるところに場所を決めました。

10分ぐらい遅れてイベントは始まりました。
最初にダンスユニットのdance flow が踊って歌って賑やか。
途中のMCは日本語で。(どうも下にカンペが映し出されている模様)
一人がやけにうまいな、と思ってたら日本人だったのね。
確かにダンスは上手いかもね。
でもなぁ、ダンスが上手いグループは韓国の人たちでたくさんいるからなぁ。

二番目が彭于晏(エディ・ポン)、ポンちゃんです。
そういえば彼もCD出してたのね。
最初の一曲がダンサブルな曲、その後バラードと続きます。
この流れは他の人たちも同じでした。

ダンスを踊りながら歌うのってけっこう大変で、韓国のグループでも口パクが多いんですよ。
そして息が上がっちゃうので次の曲も要注意です。

まあポンちゃんの歌を聴いての感想は、「歌いたかったんだろうな」
そんな感じです。
歌より演技で頑張ってくださいな。

お次はA-Lin
この人全然知りませんでした。
今回の出演者で唯一の歌専門の人ですね。
ということで歌は上手です。
だけどなぁ、ちょっと花がない、感じ。
このぐらいの歌の上手さの人はたぶん台湾にはもっとたくさんいるので、何か秀でてるものがないとつらいかも。

四番目は唐禹哲(ダンソン・タン)すごい歓声でした。
どうも台湾のファンが来てたようです。彼女たちの歓声がすごかった。
タンくんは男性3人の中では一番安心して聴いてられますね。
最初の曲ではサングラスが大きかったのか、何度も手で上げてたのが気になって気になって。
3曲目は私も知ってる「愛我」一気にテンション上がりました。

そして林依晨(アリエル・リン)登場。フワッとしたピンクのワンピースで髪の毛もくるくる素敵です。
歌も彼女の可愛さに合わせたような曲でした。
CD持ってるけど、あんまり印象にないのよね。ごめん〜

トリは小綜です。
登場した姿を見て、あらら〜
でこが見えてる〜髪がウェーブしてる〜
この髪型あんまり好きじゃないな〜
ダンサブルな曲の踊りは頑張ってたんじゃないかな。
歌はね、たぶん歌ってないと思われますが、やっぱり心配。

ついつい学芸会で主役で歌う息子を見てる母の気持ちで見てました。

三曲歌った後アリエル登場。
二人でデュエットしました。腕を組んだり指を絡めたりとさすがに何度も共演してるだけあって二人は息もぴったり。
「イタkiss」のファンも多いからこの演出はうれしかったかも。

EN06_004joseph.jpg

最後に出演者全員でサイン入りのボールを投げてくれました。
当然のごとく私のところには飛んでこなかったなぁ。
近いか遠いかがよかったみたい。どうも中途半端な場所だったようです。

その後タッチ会の準備ということでしばし待つことに。

ところが、これが長かった。
途中係りのお兄さん(いかにも新人さん、下っ端的な人ね)が「準備が整いました。そろそろ始めます」と言ってから全然ドアが開かない。

この後の予定が入ってる私たちはイライラ。
少しずつ出口付近に移動開始。
新幹線で帰らなきゃいけない、という人が係りのお兄ちゃんに訴えてましたが、待ってくださいの返事だけ。
2階からは関係者と思しき人たちがただ下を眺めているのみ。
真ん中でお兄さんがなにやらトランシーバーで連絡取ってましたが。
まだドアは開きません。
あのね〜もっとしっかりしてくれよexclamation×2
みてるだけじゃダメなんだよちっ(怒った顔)

結局30分ぐらい待ってようやくタッチ会開始。
できるだけ早く行こうとドアの近くまで来ていた私たち。
私は言葉も出来ないので、「ハイハイ〜」って感じでみんなとタッチ。
タンくんはしっかりと彼から手を握ってくれました。
小綜とも手を握ることができましたよん。小綜は指が長くて形のよい手なのよね〜
最初の方だからかあまりせかされずにすんだのがよかったかな。

イベントの様子とセットリストは華流エンタメに記者会見の様子はアジアンパラダイスに載ってます。

まあお気に入りの人が出てるイベントだから楽しかったけどね。
やっぱりいろいろ思うところはありますよ。

続きを読む
posted by まぎー at 22:50| 香港 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

ロック!ロック!

台湾から届いた本とCD。
CDはたった一枚です。

l_p1022467383Van.jpg

海角7号で再ブレイクした范逸臣(ファン・イーチェン)がギタリストの阿龍と組んだバンド酷愛楽団CrazeのCDです。
「I believe」で売れた范逸臣ですが、バラードよりもロックがやりたかったみたいです。
彼の声はすごく素敵なんですが、これはロックでも同じです。
けっこうガンガンロックな編成ですカラオケ

いや〜ロックでも范逸臣はいいわ〜
ロック好きな私は大満足です。

ちょっと最後の曲だけ異質なんだけどね。
たった7曲しか入ってないけどロック好きにはお勧めです。
范逸臣の歌を生で聴いてみたいなぁ。
posted by まぎー at 23:21| 香港 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

小猪ライブ

25日の小猪のTOKYOライブに行ってまいりましたるんるん

ちょっとは予習ということで先日の台湾行きで小猪の新譜「羅生門」を買ってきました。
ところが、新年度の忙しさで封すら開いてなかったんでしたふらふら
とりあえずCDだけはi podに落としておいてだけはあったんですけど。
当日になってからDVDを見てダンスを予習。
これが3D盤でメガネまでついてましたが、あまり飛び出てないぞ〜

とか何とかちょこっとだけ予習してからhちゃんと合流して参戦。

日本人がほとんどなんだろうな、と思ってましたが、会場入り口に着くとけっこう中国語が聴こえてきました。
中国語を話す人が若い女の子が多かったかな。もしかして台湾から参戦なのかしら。

5時ちょうどにスタート。
小猪、キラキラ衣装でダンスも素敵だ〜ぴかぴか(新しい)
かっこいいぞ。
あんまり知らない歌が多かったんだけどね、乗れますね。
そんななかで、聴き慣れた歌がexclamation×2
そうです、郭富城(アーロン・クォック)の歌じゃないの。
これは知ってるわよ。

きっとアーロン小猪にとってのアイドルなんだよね。
最近特に小猪の踊りと歌は昔のアーロンにとってもよく似ている感じがしますもの。

ほとんど全て日本語で話してくれたし、話を聞くとお茶目で可愛いのがすんごくよくわかります。

途中「僕を何で知ったの?ドラマ?バラエティ?音楽?」の彼の問いの「バラエティ」というところで「は〜い」と大きく手を挙げる私。
そうなんだよね、小猪を初めて知ったのはバラエティだったんです。確か大S小Sと一緒だったような。実は今もCSで小猪小鬼が出てる番組見てます。好きなんだよねぇ。

最後の方で知ってる曲を何曲か歌ってくれてこれまたうれしかったなぁ。
今度は武道館でやりたいそうです。頑張れ〜むかっ(怒り)

バンドも来てないし、2時間なかった短さだったけど、楽しかったです。
今度新しいツアーやるから見に来てね、とか言ってたけど、香港も台湾も完売じゃないの。
これは日本でやるっきゃないね。
posted by まぎー at 22:48| 香港 ☁| Comment(6) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

阿密特/張惠妹世界巡廻演唱會

15日日曜日、赤坂BLITZで行われた阿密特/張惠妹のライブに行ってきました。

Mちゃんと待ち合わせて軽く食事をしてから会場に向かいます。
開場時間が近くなったら、周りは中国語の嵐。

けっこう早い番号だったので、前に手すりがある場所をゲットexclamation
だけど後から後から人が入ってきて、たいへんなことになってました。
前のおじさんが寄りかかってくるし、手すりの下を越えて前に行っちゃう中国の若者がいたり。
周りはほぼ100%中国語です。
若い女性が多かったかな。

阿密特こと張惠妹が登場してライブ開始exclamation
いや〜最初からパワフルexclamation ヒートアップexclamation×2
みなさん、一緒に歌って踊ってノリノリです。

そしてギターはどうも見たことがある人だぞ〜
帰ってから家人の確認したら、メガデスというバンドにいたマーティンだと判明。
日本語の上手なタモクラによく出てくる外人さんです。
いや〜彼のギターもこれまた素敵るんるん
アーメイとの息もぴったりで、お互いパワフルパワフル。
ロック満開です〜カラオケ

日本なので3曲も日本の歌を歌ってくれました。
「涙そうそう」「壊れかけのラディオ」そしてロック「天城越え」
ロック「天城越え」がものすごくよかったです。

2時間半のライブでほぼ休むことなくアーメイは歌ってくれました。
ストレス発散、最高でした。

ただねぇ、さすが中国の人たち。
開演前に撮影はご遠慮ください、のアナウンスが流れたけど、そんなことお構いなしでデジカメで携帯で撮影撮影。
見えないよ〜ちっ(怒った顔)
こういう中華系のコンサートとかはアナウンスは日本語だけではダメだよね。

200912208140a-mei.jpg
posted by まぎー at 19:24| 香港 ☁| Comment(4) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

Private Corner

2月の末に香港に行ったSさんに買ってきてもらいました。

香港の歌神張學友の新しい広東語のCDです。
タイトルは「Private Corner」
詳しい説明は台湾の本屋さんサイトに載ってます。ただし中文ですが。

l_p1022312160jyacky.jpg

今回は広東語の歌が中心で英語の歌も入ってます。
こんなメッセージがついてます。

This is my 「Private Corner」, come join me and you'll see... Jacky Cheung

彼ぐらいになるとセールスとか関係なく歌いたい歌を入れたって感じですね。今回はジャズっぽいかな。でもさすがにジャッキーの歌ですね、安心して聴いてられまするんるん

CD出したということは今年コンサートがあるのかしら。
コンサートあるならすごく楽しみ〜カラオケ
posted by まぎー at 00:18| 香港 🌁| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

いいかも

台湾から届いた范逸臣のCD。
まだあまり深く聴き込んではいないんですが、いいかも〜るんるん

有名な「I believe」などのバラードもいいし(けっこう彼の声が好きかもしれない)、ロックテイストな曲もなかなかいい感じ。

彼は大きなホールとかよりライブハウスが似合うかもね。
日本のライブハウスでちょっと歌ってくれないかなぁ。
海角七號関係の歌を貼っておきますね。それぞれ違ってて面白いです。







posted by まぎー at 00:52| 香港 ☁| Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

届いた〜

今日、台湾から荷物が届きました〜
前回書いたCDです。

2010.1.CD 001.jpg

25日に注文して今日(29日)に届くんだから、早いよね。
まさに国内並みです。
y○s a○iaの方も発送したとのメールは来ましたが、まだ着いてません。こっちは船便かもなぁ。ちなみに台湾からは航空便です。


とりあえずi podに入れてこれからゆっくり聴きたいと思います。
范逸臣丁[口當]のCDにはMVなどのDVDが付いてます。

范逸臣の方は「海角7号」のメイキングがあるようです。

そして丁[口當]の方は五月天の阿信が一緒に歌ってる「花火」も入ってます。
インタビューで阿信が「ここではサラリーマンをしてるんだ」とか言ってましたが、こんなサラリーマンいないと思うなぁ。いてもこんなならすぐにくびになっちゃいそうです。



そして小鬼こと黄鴻升のCDはもうすぐDVD付きが発売されるみたい。でも私は別に彼のファンではないので映像はいいかなぁ。

こちらはデビューアルバムなんだけど怪獣作曲、阿信作詞の歌や、あの伍佰(ウー・バイ)や張震嶽(チャン・チェンユエ)などすごい人たちが曲を提供してます。
だから買ったんだけどね。

ジャケットを見て発見。
小鬼くんって英語名がAlienというんだね。
英語名があったとは思わなかったからびっくりです。
ちょうど明日Mちゃんと東京お泊りするんです。
お部屋にDVDがあるらしいから范逸臣のCD持って行こうっと。
posted by まぎー at 00:31| 香港 ☁| Comment(4) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

PAX MUSICA 2009

昨日8日は東京国際フォーラムのPAX MUSICA 2009に行ってきました。
香港・台湾・韓国のアーティストが参加するイベントですね。
といってもほとんど韓国からの参加ですがね。
なので観客も年齢層いつもの華流よりもかなり高いですパンチ
この間の五月天とはあまりに違う雰囲気です。でも青いペンライトがたくさんでしたが。

今回のお目当ては陳奕迅(イーソン・チャン)楊丞琳(レイニー・ヤン)
もう一組台湾から武虎将というアイドルグループ(なのかしらね)が出てました。

最初に登場したのが武虎将
う〜む、歌も踊りもどうなんでしょうかねぇ、微妙ふらふら
プロフィールには全員武術ができる、とか書いてあったからそっちを披露したほうがよかったんじゃないのかなぁ。
そして写真は5人なのに、なぜか事務所の方針で4人になってしまったらしい。外された一人はどうなったんでしょうかね。
ちょっと後から出てくる韓国某アイドルグループとは雲泥の差がありました。彼らって台湾でもきついんじゃないかなぁ。それほど若そうでもないし、光るものが見当たりません(ファンの方ごめんなさい)

そして台湾からはもう一人、レイニーです。
やっぱりレイニーって可愛いわ〜キュートなのよねぇ揺れるハート
MCも日本語で話してました。これまたとっても豪快な日本語です。
レイニーはほんとにさっぱりした性格なんだなぁ。
この間終ってしまった「笑うハナに恋きたる」の主題歌の一つである「帯我走」を歌ってくれて感激exclamation
そして来年1月に日本でCDデビュー(それも日本語)するそうです。
日本デビュー曲でもある日本語版の「曖昧」もなかなかいいですねぇ。この「曖昧」は好きな曲なのよね。
レイニーって歌も上手いし可愛いし好きだなぁハートたち(複数ハート)
レイニー日本のブログも持ってます。かなり頻繁に更新してるみたいです。
日本デビューなので、また近いうちに日本に来てくれるかもしれませんね。

香港からはイーソン。彼は若手(まだそうだよね)実力ナンバーワンで彼だけ生のバンドが付きます。

その準備の間、前回2006年のイベントの模様がビデオで流れていました。
最初にいきなりヴァネス登場exclamation 一緒に行ったKさんとびっくり。
そうでした、前回はヴァネスも出てたんですね。
そういえば余文楽(ショーン・ユー)も出てたんだよ、と話をしてたら、いきなりショーンが出てきました。改めて聴いてやっぱり彼は歌はやめたほうがいいですなぁ。

あれこれ言ってる間にバンドの用意ができた、イーソン登場。さすがに歌は上手い。MCは英語で話してましたね。途中韓国のJulyという人と一緒に歌ったり、玉置浩二の歌を日本語で歌ったりと盛りだくさんで7曲歌ってくれました。
イーソンの歌って実はほとんど知りません。歌は上手いと思うんだけど、わざわざコンサートに行くか、と訊かれたらちょっと考えちゃうな。
イーソン日本のブログを持ってます。ということは彼も日本デビュー考えてるのかなぁ。

今回はほとんど韓国のアーティストだったので観客も8割は韓国勢のファンでしたね。
一番歓声が飛んでたのは超新星というグループ。踊りも上手い〜日本語も上手い〜私たちの後の席の熟年の方々も黄色い声援を送っておられました。
でも一番ファンが多かったのが(青いペンライトも彼のファン)バラードの皇帝といわれるシン・スンフン。韓国ブームの前からファンしてるっていう感じのファンの方が多かったです。
さすがにベテランだけあって、観客を乗せるのも手馴れたものです。「自分はバラードの歌手だからね」と言いながらも、ポップな曲でみんなに振り付けをさせたりと盛り上げてくれましたね。

そんなこんなで3時間半、普段まったく聴かない韓国の音楽にも触れることができて、とってもお得でしたるんるん
ぜひ来年も開催してほしいですねぇ。

posted by まぎー at 01:02| 香港 ☀| Comment(6) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

「POPなASIAの過ごし方」

ここのところ何だか疲れちゃってご飯を食べるとすぐ寝ちゃったりしてます。
昨日は肩凝りのためマッサージに行ってきて揉み返しみたいなのになってしまってこれまた寝ちゃうことに。
夜中に何と時代劇の夢を見ちゃったりしてどうしたんでしょうかねぇ。

さて土曜日10日「関谷元子のPOPなASIAの過ごし方」のイベントに参加してきました。
最近ずっと会えてなかったMちゃんと一緒です。
開催のお知らせにも蘇打緑が中心です〜と書いてあったけど音楽の話題はほんとに蘇打緑のみでしたね。

会場は何と家からはすご〜く遠い上野。
着物のお店の2階の自然食レストランでした。
けっこう狭くて全員で30人ぐらいでしたかね。
ほとんどが関谷さんのお知り合いか蘇打緑のファンの方でした。

まずはお店のお料理を戴いてそれから関谷さんのトークの始まりです。
9月に台北で行われた蘇打緑のライブと新しいアルバムの曲が中心でしたかね。
とにかく関谷さん、彼らを大絶賛です。

実は私も今回の台湾の旅で彼らのCDは買ってきたんですね。
これですね。


夏 / 狂熱(台湾盤)

夏 / 狂熱(台湾盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Willin Music
  • 発売日: 2009/09/11
  • メディア: CD




そしてこの間の関谷さんのイベントで当たったサイン入りのCDも含め4枚のアルバム持ってます。
でもねぇ、今回のアルバムは正直ちょっとなぁ、と思っていたんですけどね。
ロックテイストの曲がけっこうあるんだけど彼らってロックバンドじゃないと思うんですね。
なのでちょっと合ってないなぁ、無理してるんじゃないかな、と感じてました。
思うに蘇打緑ってとにかくボーカルの青峰くんの個性がすごいバンドじゃないですか。その彼のボーカルが生かされてないような感じがするんですよ。(そんなに聴いてないけど)
そのあたりどうなんでしょうか?
ライブでも写真を見るとちょっとコミックバンド的な雰囲気もあったりしてねぇ。彼らはどの路線を進むんでしょうか?ちょっとわかりません。

全然彼らの歌を知らないMちゃんの感想が一番的確だったような気がします。
「最後の方に出てきた「無眠」のMVをもっと見たかった。」
そうなんですね、このMVけっこうよかったのよ、彼らには珍しく台湾語の歌だしね。青峰くんの個性的なボーカルも生きてるし。

後は日本でのライブの時の映像で「小情歌」をもっと聴きたかったですねぇ。この歌好きだから。

関谷さんはライブに阿信が見に来てた話もしてましたね。
ライバルなので偵察にきたのかな、ということでしたが。
これは絶対にないねexclamation×2 阿信はそんなことまったく考えてないと思いますよ。彼らのことはすごく興味があるし注目もしてると思うけどライバル意識はないはずです。
だって五月天蘇打緑はまったくテイストが違うバンドだから。
五月天はロックバンドだし蘇打緑はロックバンドでは絶対ないからね。

台北のお話はおもしろいところとかもあったけどもう少し写真とかがあればよかったかな。
それと詳しいお店の名前とか住所とかもね。

蘇打緑ファンには映像やライブの写真とか内輪の話とかがあって、おいしいイベントだったかもしれませんね。
でもそれほどファンでもない私(CD4枚持ってるけど)にはもうちょっと冷静なコメントが欲しかったです。
でも楽しかったけどね。
posted by まぎー at 02:28| 香港 ☁| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

ライブとチャリティの写真

今週は変則的な仕事です。
明日も明後日も仕事で連続7日出勤ですぅもうやだ〜(悲しい顔)

この夏の旅で3日間もライブに付き合ってくれたhちゃんが送ってくれたライブの写真です。

IMG_0976.JPG
張智霖(チョン・チーラム)薛凱[王其](フィオナ・シッ)

IMG_1007.JPG
五月天阿信

IMG_1029.JPG
派手ですねぇ、草[虫孟](グラスホッパー)の皆様方

IMG_1045.JPG
祝結婚ハートたち(複数ハート) 楊千[女華](ミリアム・ヨン)

IMG_1057.JPG
黎明王子

後は台湾水害救済チャリティの写真です。

IMG_1096.JPG
華仔(右端)と鄭秀文(サミー・チェン)(右二)

IMG_1109.JPG
実力派2人張學友(ジャッキー・チョン)[广/臾]澄慶(ハーレム・ユー)


IMG_1129.JPG
台湾語の歌「世界第一等」を歌う華仔任賢齊(リッチー・レン)

IMG_1131.JPG
古惑仔4人衆左から林曉峰(ジェリー・ラム)鄭伊健(イーキン・チェン)謝天華(マイケル・ツェ)陳小春(ジョーダン・チャン)

IMG_1137.JPG
モヒカンじゃない草[虫孟](グラスホッパー)の皆様方

IMG_1147.JPG
すっかりおじさん四人組み左から許志安(アンディ・ホイ)蘇永康(ウィリアム・ソー)張衛健(ディッキー・チョン)梁漢文(エドモンド・リョン)

hちゃん、ありがとね〜
posted by まぎー at 01:01| 香港 ☀| Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

2009香港夏の旅Fライブ二日目

ちょっとホテルで一休みしてhちゃんと一緒にまたまたエアポートエクスプレスに乗ってライブ会場の亜洲展覧館へ。

ゆっくりしてしまったので黄家強は聴き逃してしまいました、残念〜ふらふら

会場に入ると、昨日とは明らかに客層が違う。
若い人が多いし、電飾ボード持ってる人率が高いなぁ。
それぞれお気に入りの歌手が出てくるとすごい声援。

私たちが見た最初は地下鉄を舞台にした簡単な音楽劇。
3組のカップルがややこしい関係になりながらも最後はハッピーエンドって感じですかね。
主な出演者は薛凱[王其](フィオナ・シッ)張智霖(チョン・チーラム)、なぜかすごい人気の謝安[王其](チェ・アンケイ)、そして懐かし孫耀威(エリック・ソン)、あとの二人は知らないなぁ。

2009.8.hongkong 112-1.jpg

いや〜チーラムがあんなに歌が上手いとはびっくりです。
そしてフィオナ細すぎだよ〜

2009.8.hongkong 117-1.jpg
右からチーラム、フィオナ、謝安[王其]、エリックです。

謝安[王其]の人気がすごくて(一部のファンにね)太い男の人の声で「ケイ〜」との呼びかけやすごい大きな電飾ボードを掲げたりとみなさん大変。
さすがにすごく大きいボードを掲げられたら見えないよね。後ろの席からは「見えないよ〜!」の声が出て少し下げてました。
後で調べてみたら彼女はもう結婚してるんだよね、それほどきれいだとも思わなかったんだけど何であんなに人気なんだろう、不思議だ。

その後はお食事タイム。本日は飲茶であまりお腹空いてないのでサンドイッチとなりました。

食事も済んでいよいよ

五月天!

前日の観客の乗りの悪さに少々心配してましたが心配無用、盛り上がりがすごかったです。
大好きな「孫悟空」も歌ってくれたし新曲の「D.N.A.」も披露。
一時間近くも歌ってくれて大満足。観客も総立ちで反応よかったです〜るんるん
写真はね、彼らは常に動いてるし、上手く撮れないよ〜

2009.8.hongkong 119-1.jpg

2009.8.hongkong 120-1.jpg

2009.8.hongkong 126-1.jpg

五月天で盛り上がった後は、連日の登場の草[虫孟](グラスホッパー)の皆様。こちらも客を乗せるのがとっても上手で観客大盛り上がりでした。

9時からはしっとり実力派の歌。だけどね〜劉美君(プルーデンス・ラウ)あんた、歌いすぎじゃないの。ちょっと飽きちゃいました。
その後は美脚の持ち主莫文蔚(カレン・モク)素敵なスタイルを強調したダンスも披露してくれました。

2009.8.hongkong 139-1.jpg
かなり遠いけどスタイルいいのはわかるよね。

最後のステージはこのたび華仔結婚暴露のおかげで彼らもそれぞれ結婚してたことがわかった二人ですムード

まずは楊千[女華](ミリアム・ヨン)素敵な紫のドレスで歌ってくれました。

2009.8.hongkong 150-1.jpg

トリは黎明(レオン・ライ)王子です。一日目も出てたけど、二日目の方がたくさん歌ってくれましたね。一緒に出てた(白いドレスの子)は彼の会社の歌手らしいです。

2009.8.hongkong 154-1.jpg

2009.8.hongkong 157-1.jpg

2009.8.hongkong 175-1.jpg

そしてあっさりと二日目のライブは終りました。
急いでエクスプレスに乗ってホテルに着いたのが12時。
さあ、これから映画を見に行ってきます〜カチンコ
posted by まぎー at 19:16| 香港 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

2009香港夏の旅Bライブ一日目後半

前にけっこう書いてるので今日は写真メインで。

黎明王子はなぜか写真がきれいに撮れたのよね。
愛があまりないから冷静に撮れるのかなぁ(ごめんHちゃん)
それと彼はあまり動きがないからピントが合うのかも。
一日目は割りとあっさりしてたかな。

2009.8.hongkong 032-1.jpg

7時ごろになぜか表彰式みたいなのがあって、関係者が表彰されていました。その中に草[虫孟](グラスホッパー)の姿が。左の方にいますね。
後になっててよく見えませんが、兄ちゃんスカートなんですが。
いやはや髪型といい彼らはやってくれます。

2009.8.hongkong 021-1.jpg

黄貫中の素晴らしいギターテクニックは惚れ惚れ。
でもねぇ、香港の人たちのイマイチの乗り。
彼らは音が大きいのが苦手なのかなぁ。
前の男の人なんて耳ふさいでたんだよ。
演奏が上手いからけして騒音ではないんだけどね。
こんな状態だから翌日の五月天もロックな人たちだから大丈夫かしら、とhちゃんと心配に。

そんな前の男の人も草[虫孟](グラスホッパー)の時は大歓声。
あのなぁ、歌が上手いのと演奏が上手いのと同じだろうが。
まあ香港の人たちは見せてくれる人が好きなのよね、きっと。

2009.8.hongkong 047-1.jpg

後はちょっと飛ばして最後の中年四人組。
歌だけではなくてトークでも観客を沸かせてました。(あまりというかほとんどわからなかったけど)

2009.8.hongkong 056-1.jpg

一日目終っての感想。
このマラソン方式のライブって日本の大相撲に似てるよね。
最初の方の若い歌手の時にはあまり人が入ってなくて(彼らのファンはいるけど)後半はほぼ満席になってました。
香港の人たちは出演順がわかってたのかしら。
でも普段だったら見ることができない歌手の歌をたくさん聴くことができてけっこうお得だったかもしれませんるんるん
あっさりと終ったけど時間は11時。
ホテルに帰ったのが12時過ぎでした。やっぱり亞洲展覧館は遠いなぁふらふら

posted by まぎー at 06:49| 香港 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

2009香港夏の旅Aライブ一日目前半

香港夏の旅二日目。
今日は前もって買っておいたsummer pop live です。
会場が空港のそばの亞洲展覧館なのでHちゃんと1時ごろ九龍駅で待ち合わせ。

前日のワインを飲んだら疲れと重なり午前中頭痛で寝ていた私は食欲なくてお昼はお粥と相成りました。元気がまだ戻ってないので写真も撮ってません。でもホタテが入ったおいしい白粥で少し復活。

二人でエアポートエクスプレスに乗って会場に向かいます。香港にしたらかなり遠いところだし空港の先なのでしっかり遠足気分です電車

さて、このsummer pop live 当日会場に行くまでに誰がどの時間に登場するのかまったくわかりませんでした。座席も決まってなくて会場で座席指定してもらう状態。
たぶん直前まで参加する人たちが決まらなかったんじゃないかなぁ。

会場に貼ってあったポスターに参加する歌手たちの名前と時間が載ってました。

2009.8.hongkong 007-1.jpg

クリックで大きくなります〜
ほら、こんな人もあんな人もいるよね。こちらメインのところの拡大版。

2009.8.hongkong 008-1.jpg

会場に着いてそのポスターを見たら二人は「やっぱり明日の五月天が出るのは見たいな。チケット買っちゃおう」ということになり、明日のチケットを購入。これで2日連続の亞洲展覧館通い決定exclamation×2
この時点ではまさか3日連続になるとは思いもしませんでしたあせあせ(飛び散る汗)

さて、会場に入ります、あれれあんまり人がいないよ。
早い時間は若手の歌手中心だったのであまりファンもいないわけです。けっこう会場ガラガラだよ、大丈夫なのか?

2009.8.hongkong 009-1.jpg
舞台はこんな感じね。

最初は若手なので歌もあまり上手ではないしちょっと聴くのが辛い。
バンドに至ってはボーカルは自分が上手いと勘違いしてるし(下手)ギターの演奏もちょっとなぁ。後で出る黄貫中(ポール・ウォン)の素晴らしい演奏を聴いて勉強してちょうだいな。

出演者を見て5時半からお食事タイムにしましたレストラン
会場の近くにはまったくお店がないので会場の外に軽食を食べるスペースが作ってありました。
協賛のビール会社のサン・ミゲルガールもたくさんいましたね。
そして二人が食べたのはこちら。

2009.8.hongkong 018-1.jpg2009.8.hongkong 019-1.jpg

まあ味は期待してないからね、でもフルーツの盛り合わせがあったりマンゴープリンがあったりと香港らしいです。

ご飯も食べたし7時からいよいよすごい歌手がゾロゾロ出演していきます〜続きは次回。

posted by まぎー at 00:23| 香港 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

summer pop live in HK 8/16ちょっとだけ

いや〜跳びすぎて疲れました。

五月天やってくれました。
ロックのあまり得意でない香港人も乗せる彼ら。
1時間めいっぱいの大満足のライブでしたカラオケ

とにかく彼らのライブはすごいexclamation×2

足が痛いのと2日のマラソンライブで力使い果たしました。
とりあえずの2日目の感想です。
残りはまた後で。
おやすみなさい〜眠い(睡眠)
posted by まぎー at 04:07| 香港 ☀| Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。