2011年12月06日

「新少林寺」

先月24日に父が亡くなり、葬儀やその他で毎週実家に帰る日々が続いております。
入院した時点で医師から「退院はないです」と言われていたので、覚悟はしていたつもりではありますがね。
でも無事に納骨も済んだので、ようやく落ち着いてきたところです。

さて、父の亡くなる前日に図らずも見たのが「新少林寺」5月に香港に行く飛行機の中で見てたので、結末は知ってたけど、やっぱり華仔の映画だから見なくては、ということで迷友のmちゃんと一緒に見てきました。

shaolin_wall1_1024x768.jpg

新少林寺ということでカンフー映画と思いきやこれは人間ドラマでありますね。
カンフーの場面もたくさんあるけど登場する人たちが全部魅力的で素敵であります。

shaolin_wall4_1024x768.jpg

ニコラスの妖艶な悪役ぶり、きれいなだけじゃないファン・ビンビン、なぜか武術のできない役のジャッキー
そして少林寺のすてきなお坊様たち。こんないい役の呉京さん見たの初めてですが、すっごくかっこよかったです。
小坊主たちも何気によかったなぁ。
華仔と一緒に修行する小坊主さん、可愛いし。
忘れちゃいけない、悪役に熊欣欣さんもいました〜

ただ私の場合どうしてもファンの欲目で華仔は贔屓目で見ちゃうのですが!
髪を自ら切るシーンではその美しさにクラクラきちゃいました。
もう50歳なのになんてお肌がきれいなんだろう〜とmちゃんと見た後で話すぐらいきれいなのよね。

wallpaper6_1024andy.jpg

wallpaper1_1024andy.jpg

後半は涙が自然に出ちゃう状態でした。
が!私の隣の若いおにいちゃんは前半から号泣モードでしたもうやだ〜(悲しい顔)
すごいよね、男の人をこれだけ泣かす映画って。

南無阿弥陀仏!の言葉が印象に残り、そして最後の華仔の歌「悟」がこれまた映画を象徴しております。
図らずも父は南無阿弥陀仏の念仏を唱える浄土真宗のお寺に今眠っております。

もう一度見に行きたいけど何しろ忙しいからなぁ。
そのうち上映終っちゃいそうだし。
でもでも華仔贔屓目を引いてもよい映画なので、ぜひ見てください〜
posted by まぎー at 23:55| 香港 ☀| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お父様のご冥福を心からお祈りしております。 大変だったね、まぎー様。 人を一人送ることって本当に大変です。 後から悲しみがドドッと押し寄せることもあります。 どうかお母様もあなたも御気を落としませんように。 

さて、香港在住の彼っていうか彼女(が正しいんだろうね)は、おそらく2月か3月に帰国予定。 でもまたどこか海外へ行くらしい。 良く分からないが。 本当に香港で飲み会したかったけど、無理みたいよ。 その代わりに?私は彼女のリクエストに答えて、おせち料理っぽい物を香港へ運びます。 きゃら蕗とか、牛肉の時雨煮とか、黒豆の煮たのとか…もしかしたら、餅とか日本酒(重い!)も…あちらで新年に紅白を観ながら(おそらく私が泊まるホテルで)パーティーとなりそうです。 部屋狭いんだよね。 一応予定では3名か4名なんだけど…もっと来たらどうしよう?! 大変な事になりそうだよ。 楽しみであるし不安でもあります。
Posted by ご主人、いない  at 2011年12月12日 00:14
<ご主人、いないさん
香港はいかがでしたか?
やっぱり寒いところより暖かいところに行きたいです。
新年会やりましょう〜
Posted by まぎー at 2012年01月04日 01:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。