2010年11月03日

ピンクリボン

先週、仕事で使うので久々にDVDを借りてきました。
ついでにもう一本借りてきたんですが、これがなかなかよかったです。

香港映画「私の胸の思い出」


私の胸の思い出 [DVD]

私の胸の思い出 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジーダス
  • メディア: DVD




映画祭の「恋の紫煙」に出てた楊千[女華](ミリアム・ヨン)主演。彼女に絡む重要な男性に任賢齊(リッチー・レン)
ストーリーはミリアム扮する広告代理店の企画担当が友達の知り合いのリッチーと香港で言う一夜情の状態になったところで、リッチーは医者だったので彼女の左胸にしこりを見つけて・・・ミリアムは専門医に見てもらうことになり、乳癌が発覚。彼女の場合、部位が悪いので温存療法は使えない。いろいろ悩むミリアム

そうだよね〜結婚もしてないし、子供もまだの状態で全摘って言われたら絶対悩む。漢方に頼ったり、他の方法がないか考えたり。私の場合は内臓だったので、取ってもあまり外見は変わらないからすっぱり取りましたが(それなりに葛藤はあったけど)、女性なら絶対に悩むと思う。

でもそれは香港映画、あまり深刻にならずにお友達のエピソードとかところどころにユーモア入れて楽しい作品にしています。
そしてプロデューサーが杜王其峰(ジョニー・トー)なので、トーさん組の俳優さんがゾロゾロ出てます。まあ、リッチー自体がトー組だしね。
専門医に邵美[王其](マギー・シュウ)、ミリアムの昔の彼氏に林家棟(ラム・ガートン)、ミリアムが酔っ払って絡む警察官に林雪(ラム・シュ)などなど。

あまり深刻にならずに見れる、だけど乳癌の啓発にはしっかりなってる映画だと思います。
ピンクリボンの運動なんかにぴったりなんじゃないかな。
posted by まぎー at 01:21| 香港 | Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私のこの映画観ました。
重いテーマのはずなのに、気合を入れなくても気軽に観られる、この手の映画にしては珍しい映画ですよね。
癌を題材にすると、どうしても悲劇的な展開ばかりなものが多いのですが、この映画は違ったので、とても印象に残りました。
Posted by 小春 at 2010年11月03日 10:16
<小春さん
ほんとに日本の映画とかドラマとかってどうして病気が絡むとお涙頂戴になってしまうんでしょうね。
病気になった身からすると見る気にならないのよ。
その点、さすがに香港映画ですよね、カラリとしててそしてしっかり啓発してるもの。
この映画でもなぜかリッチーは美味しい役ですね。人柄の良さがでてます。
Posted by まぎー at 2010年11月10日 00:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。